a0002_000069

経費削減を行う上でもっとも重要なことは、社員に経費削減について高い意識を持たせることにあります。

せっかくいい経費削減案が閃いても、実際に経費削減を行う社員が経費削減について、なんの意識持たずに望めばなんの成果も上がりません。

ではどのように意識を持たせるのかいうと、これには様々な方法があります。

例えば、社員自ら経費削減について考えさせ、自らの考えで行動するように
仕向けたり、会社の社長が案を出すだけでなく、
自ら行動するなどの方法があります。

過去にこんな社長さんがいらっしゃいました。

会社の代表である社長が、経費削減のため昼間は社内の電気を一切消し、
スイッチのある場所に「つけるなよバカ」と張り紙し、
真夏の暑いなか、パンツとランニングで業務に挑む。

少々笑えるような話ですが、この社長さんは、自ら見本になり、
「ここまでならやってもいいよ」というラインを言葉でなく体でひき、
社員が経費削減を行いやすいようにし、実際に成果を上げることに
成功しました。

さらにこの社長さんは、経費削減の成果が上がると、社員を毎年旅行へ連れていき、
社員のモチベーションを上げ、さらに経費削減で会社に
貢献してもらうという経費削減策を講じています。

社員の意識を高めるために自ら経費削減に取り組む。

これが、これからの経費削減には重要ではないでしょうか。