■売り上げに関わらない固定費

固定費とは売上等に関わらず、毎月一定金額で掛かる費用のことで、
福利厚生費や旅費交通費、保険料、人件費、通信費、水道光熱費などの項目があります。

固定費は売上に関わらず、即利益に寄与するため、
まずは固定費から手をつければ効率的に経費削減することができます。

■売り上げに関わる変動費

変動費とは売り上げに関わってくる費用のことです。

変動費については業務状況などを見直し、具体的なプランを立てる必要があります。

仕入れ担当者と、仕入れ原価の見直しについて検討するなどすれば、
いい経費削減プランが見つかります。

「具体策を練る」

まず、プロジェクトとしてグループを組んで、経費削減の取り組みを行こないます。

プロジェクトとして行うことによって、具体的なアイディアを自ら考え、
無意識に使っていた消耗品などを対象にしたりと、経費削減に対する意識が徐々に向上してきます。

意識が高まると、個々で情報収集しようとします。

情報収集をさせることによってノウハウとスキルが身に付きます。

知恵と考える能力が社員に備わっていれば、経費削減の効果は無限大に広がります。

「キッカケは行動力」

経費削減が閃いた場合は、即行動に移すことです。

これは考えるよりも即行動、という事ではなく、考えるという行動をするのです。

まず、具体策を考えましょう。

実際に行うことを具体的に検討し、会社への経済効果の比率を数字にして
目標を立てると効果が上がります。

経費削減はすぐに利益に直結するため、時間という経費をかけても
すぐに回収することができます。

ビジネスにおいて行動力とは、勝者になるための道しるべになるでしょう。