まず、経費とは会社を運営していく上で、もっとも管理を徹底しなければならない重要項目です。

経費を管理し、売上を上げ利益を確保することで企業は成長していきます。

そして、さらに利益を上げるためには経費削減を検討し実行することで、
さらなる利益向上が望めます。

利益を確保する手段は、売上を上げる事だけではないのです。

    「経費削減は売上を増加させるよりも短期間で成果がでます」

どちらかといえば、売上増加の計画よりも、経費削減に取り組んだほうが手っ取り早く利益を上げることが
できるということもあります。

経費削減できる箇所は可能な限り削減してしまえば、その分利益に寄与し、経営状態がよくなり、経営者の心にも
ゆとりができます。

企業とは人と人とが集まり共に力を合わせることで利益が生まれ、人も会社も共に成長していきます。

何事も全員が一丸となって、事を成すことが重要な要素になります。


         「誰が考えるのか?」

経費削減は経営者の経営に対する責任感から、利益を向上させ
経営状態を改善するという考えから初めて検討されるようになります。

経費削減は経営者の経営に対する責任感から、
利益を向上させ経営状態を改善するという考えから初めて
検討されるようになります。

さらに、そこに社員の協力があってこそ経費削減が実現します。

決して経営者のみが考えるものではなく、全社一丸となって、経費削減について
検討する必要があります。

経営者だけが経費削減を考えても、社員が実行しなければ意味がありません。

実際に経費削減について考えれば、意欲も湧くでしょう。

経費削減を行うには、まず社員に経費削減について考えを持ち、
常に高い意識を持たせる必要があります。

経費削減を実施する際に行うことは、
まず会社と社員が気持ちを一つにすることが経費削減の第一歩です。