多大な負債を抱える日本の経済状況、さらに世界同時不況のあおり受け先の見えない苦しい状況がつづいています。

2008年のリーマンショック以降、大企業の世界シェアでの経営状況も
かなり苦しい状況に陥っています。

さらに、来年または再来年にはリーマンショック以上の世界規模の経済危機が
訪れるのではないかと懸念されています。

この厳しい状況のなかで、確実に利益を上げて生き残っていかなければなりません。

        「いままでの経営状態で、はたして生き残れるのか? 」



世界的に有名な大手のオートバイメーカーは、
不況知らずの大企業と言われ熱狂的なユーザーを世界中に
持っており、世界各地で実績を残し圧倒的な
力を保持してきました。

ですが、そのような大企業でも世界同時不況のあおり受け
世界的に需要も落ち込み、経営難に対応するために、
経費削減政策に着手しなんとか
経営難を持ち堪えました。

この世界規模の経済危機の状況の中、生き残るには経費削減はとても重要な項目です。

経費削減には、大企業を経営難から救う力を
もっているのです。

経費削減は小規模な取り組みからでも、積み重なれば
多大な成果をもたらせてくれます。